動物看護士(AHT)ノート*ひとりごと*

更新情報や連絡事項、独り言など書き綴りたいと思います。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

PageTop

獣医と獣医師

慌しい時期も過ぎ、学会シーズンです。
自己研鑽に励みたい時期でもありますね。
地域や病院の規模によって違いはあると思いますが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。

今日は少し独り言など・・・。

かなり前から気になっていたのですが、「獣医師」を「獣医」と呼ぶ方が結構いらっしゃるのですが。
TVの獣医療・特集番組やニュースなどでも「獣医」という言葉が普通に使われているので、それが正しい言葉なのだと思い込んでいる人が多いのも事実。
世の中の認識がその程度・・・と言われれば、それまでなのですが。
飼い主さんが親しみを込めて「獣医さん」と呼ぶのは許されるとしても、我々動物看護師は「獣医師」という言葉を使いたいですね。
正直、この業界にいて「獣医師」の事を「獣医・獣医」というのは恥ずかしい事だと思わなければなりません。
ちょっとした言葉の違いですが、その違いが大きな意味を持つ事を、動物看護師として色々な事を学べば気付く事でしょう。

獣医師でさえそのような事情なのだから、動物看護師に関しての世間の認識はまだまだでしょうね。
動物看護師の世界も、ここ数年で色々な新しい動きが見られてついて行くには一苦労。
ですが、いつも新しい事に目を向けて前を向いて歩んで行きたいですね。

スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。